沿革

1988年9月 沖縄の基幹作物さとうきびの製糖副産物・バガスの活用を図り、沖縄県経済振興に役立てることを目的として、(財)農技協、経済連、民間企業数社からなる株式構成(資本金2,700万円)で株式会社沖縄発酵化学を設立。
1990年4月 資本金を4,300万円に増資、本社を南風原町から糸満市へ移転。
1991年1月 アガリクス茸の大量栽培技術を確立。
1991年4月 金秀グループの一員として新しくスタート。
1994年6月 沖縄県で初めての調味料部門JAS認定工場となる。
1998年6月 沖縄産モズクから「フコイダン」の抽出に成功。
1999年3月 キャベツより抗胃潰瘍成分(ビタミンU)キャベファインの抽出に成功。
1999年5月 泡盛を蒸留した後にできる「もろみ」から、クエン酸を豊富に含んだ もろみ酢の製造・販売を開始。株式会社久米島の久米仙と業務提携。
1999年11月 新社屋(事務所・工場)の完成移転。
2000年2月 平成11年度  第一回ビジネスオンリーワン賞(製造業等部門)受賞。
2002年4月 国際規格の品質マネジメントシステムISO9001の認証取得。
2003年11月 ISO9001-HACCPシステムの認証取得。
2004年4月 「フコイダンエキス原末カプセル」がJACT(日本代替、相補、伝統医療連合会議)認定商品となる。
2004年12月 有機JASの認定工場となる。
2005年10月 東京営業所開設。
2006年1月 ISO22000(食品安全のマネジメントシステム)の認証取得。
2006年5月 「株式会社沖縄発酵化学」から「金秀バイオ株式会社」に社名変更。
2011年6月 (財)日本健康・栄養食品協会よりGMP認定工場として認証取得。